SUMMARY

すぐわかるイワサン

岩国産業運輸株式会社は、
日本製紙株式会社やダイセル株式会社を
主な取引先として、
製品の原材料や薬品の積卸や搬入を
行っている会社です。

港湾内に停泊した大型タンカーから
貨物を陸に積み降ろす、
いわゆる港湾荷役の業務を
創業以来現在まで
80年以上にわたり行っております。

また、工場で完成した製品の
出荷、積卸、輸送、保管業務も
一貫して行っており、
物流の総合企業として
日本の産業界に貢献しています。

港湾荷役とは

港湾内で船と陸との間で行われる
貨物の積卸作業全般をいう。
船の停泊場所の関係から、船を沖合に停泊させ、
はしけやパイプラインを利用して
貨物の輸送を行う沖荷役と、
船を岸壁などの陸岸に直接横付けして荷役を行う
接岸荷役とに分けられ、
沖荷役のうちはしけを使用する場合を
はしけ荷役ということもある。

また上屋(うわや)内、陸岸とはしけの間、
陸上の車両、
各種積卸場における積卸作業は沿岸荷役と呼ばれ、
これには
上屋・倉庫間の貨物の輸送、
倉庫への搬入作業も含まれる。

(出典:株式会社平凡社「世界大百科事典第2版」より)

岩国港とは

岩国港は、山口県の最東端に位置し、隣接する
広島県大竹市とともに瀬戸内工業地帯の一つとして、
躍進を続ける岩国、和木地区の
窓口港として重要な役割を
果たしております。
本港の歴史は、1600年に岩国藩が
今津川河口に水軍のための
物揚場を築造したことに始まり、
近年、瀬戸内工業地帯の
一翼を担う工業港として発展してきました。

本港は、全般に水深が深く、
大型船の入港が容易であり、
また、広島湾の西部に位置していることから、
港内静穏な良港です。
加えて、瀬戸内海本船航路から至近距離にあり、
さらに幹線道路、空港、鉄道に近接しているなど、
優れた港湾立地条件に恵まれています。

(国土交通省:「CRUISE PORT GUIDE OF JAPAN」より)

港湾荷役に使用される重機

ログローダー

ログローダー

クレーン

クレーン

ユンボ

バックホー

バックホー

小型ユンボ

港湾荷役を支える
社員たち

岩国産業運輸(株)の全社員
269人中、
79
が港湾荷役業務に携わっています。

数字で見る
イワサン

平均年齢

イメージピクト
46歳4ヶ月

平均在籍年数

イメージピクト
20

社員1人あたり
保有資格数

イメージピクト
3